学童保育所 厚別あゆみクラブ

指導員紹介

指導員は正職員2名、そのほかに臨時職員3名在籍しております。子供たちにはいつもニックネームで呼ばれるくらい親しい、第二の家族。以下、正職員の先生たちをご紹介いたします。

花田先生(通称 はなせん)

勤務歴 20年

あゆみの女ボス的存在。厳しいが、実は子供たちよりもいたずらっ子で、おちゃめな一面もある、頼りになる先生です。

子供達と一緒になって、けん玉検定試験を受けたり、漢字検定試験を受けて2級に合格したりと、なんでも挑戦するチャレンジ精神に富み、地獄のような坂道を子供達と一緒になって自転車でのぼりきってしまうという頑張り屋さんの一面もあります。

また、学童保育所のご近所さんにも精通し、学童保育所と地域の架け橋にもなっております。


久保田先生(通称 くぼせん)

勤務歴 7年

いつもニコニコと笑顔が素敵な、あゆみクラブのお父さん的存在。そのため、いつもは優しいが怒った時には花田先生よりも怖いらしい。

いつも子供たちと真剣に向き合い、負けじとけん玉や百人一首の腕を磨いていおりますが、気がつくとなぜか子供たちに抜かれている(笑)

時々、子供達よりも先に、新雪が降り積もった公園に一番乗りして、雪山の上からダイブしちゃう、あゆみクラブ一番のやんちゃで、大きなお兄ちゃんに変貌しちゃうこともあります。


吉本先生(通称 よっしー)

勤務歴1年

スーパーマリオのキャラクターのヨッシーのごとく、愛らしく、ちょっとおっとりした印象のお姉ちゃん先生。低学年の子供たちのけん玉や百人一首の練習にもとことん付き合ってくれる粘り強さもあります。また、手先が器用で色々な可愛いグッズを作ってくれます。